七福神ファクタリングで審査落ち?考えられる理由は

七福神ファクタリングで審査落ちしてしまうことってあるの?
七福神の審査の流れはどんな感じ?2回目以降は簡単にファクタリングできるの?
そういった疑問についてまとめています。

七福神ファクタリングで審査落ち!?考えられる理由は

七福神で審査落ちしてしまった場合について、考えられる理由についてご説明していきます。

第一は勤務先の信用

給料ファクタリングの場合は審査の際に見られる内容としては勤務先の信用が保証されているかどうかということになります。七福神で審査落ちしてしまった原因でもこの理由は割と多いです。

勤務先の信用を証明できるか、あるいは勤務先が倒産寸前ではないか?などをチェックされます。

給料ファクタリングの場合は個人の信用を見られることはありません。

しかし働き先勤務先の業績などは少しチェックされます。

給料の振込みが確認できる通帳を見せて欲しいと言われることもあります。
たとえば給料が何ヶ月も振り込まれていないなどという場合は七福神ファクタリングでも審査落ちになる可能性があります。


給料ファクタリングの場合は、審査の際は会社(勤め先)の信用がもっとも重視されるポイントになります。
本人の信用情報は審査結果には全く影響しません。

申し込みフォームに不備がある場合は審査落ちの可能性も

まだ申し込みないように記載ミスや偽りがないかも確認しておきましょう。
七福神ファクタリングへの申し込みの段階で内容に不備がある場合はそれを理由に審査落ちとなってしまうことがあります。

特に気をつけていただきたいのは給料に関する記載ミスです。
こういったときはついつい給料を多めに書いてしまいたくなりますがここは正直に書くようにしましょう。

また勤務先の電話番号や住所なども審査落ちしないためには正直に書く必要があります。
会社に電話をかけてほしくなかったり会社の人にばれたくないと思うと、つい会社の住所や電話番号に嘘の記載をしてしまいたくなります。
ですが、結局のところ社員証などを提出することになるので、嘘の申告は審査の時にバレてしまいます。

七福神ファクタリングで審査落ちしないためには、勤務先の情報や給料の情報は正確に入力する必要があります。

給料債権でない場合は断られてしまうことも

それと給料ファクタリングの場合は現金化できるのは給料債権のみになります。
現金化しようとするのが給料債権でない場合はそれを理由に断られてしまう場合もあります。
給料以上の金額をファクタリングすることはできません。

例外としては給料ではない、取引先へ送る予定の請求書をなどをファクタリングしてもらいたい場合もあると思います。個人事業主や会社役員の場合にはこのケースが当てはまることもあると思います。
その場合は七福神ファクタリングの場合は違う窓口に申し込みすることになります。

すぐに別のファクタリング会社を利用しているという場合

給料ファクタリングはあくまで振り込まれる予定の給料を債権として売買する方法になります。
したがって給料債権以上の金額を現金化することはできません。

たまに聞こえてくる失敗としては給料債権以上の金額を現金化しようとしてしまったというケースが考えられます。(現在の給料が18万円なのに、A社で10万円ファクタリング、B社でも10万円ファクタリングしてしまった場合は、2万円の多重譲渡になります。)

こうなることを避けるために給料ファクタリング会社は別の会社との取引がある人の場合はそれを理由に審査落ちしてしまうこともあります。
ただしこのあたりの判断は給料ファクタリング会社によっても色々と異なるようです。
5社以上利用をしているのに審査が通ったという口コミも聞こえてくることもあります。

七福神ファクタリングの審査の流れ・入金までの時間は?

七福神ファクタリングの審査の流れを簡単にご説明します。

七福神ファクタリングへ申し込み

七福神ファクタリング会は公式サイトより申し込みができます。

営業時間は月曜日から金曜日は9時から19時まで、土曜日の場合は9時から18時までになります。
土曜日もやっている給料ファクタリング会社は比較的珍しいと言えます。

給料ファクタリングの七福神は安全か?2chの口コミ評判

七福神ファクタリングより折り返し

申し込み内容が七福神に確認されると七福神ファクタリングのスタッフから折り返しがあります。
この時に

  • いくらくらいファクタリングしたいのか?
  • 他にファクタリング会社は利用しているか?

勤続年数は何年くらいか?
などいくつかの項目について質問されるので正直に答えるようにしてください。

必要書類の提出

七福神ファクタリングに提出する必要のある書類は主に三種類です。

  • 身分証明書(免許証など)
  • 保険証
  • 直近の給料明細書、3か月分または振り込みのわかる通帳のコピー

になります。

七福神ファクタリング内で簡単に審査(審査時間は2時間~3時間)

簡単なヒアリングが終わると七福神ファクタリング内で審査が行われます。
短い人の場合だと30分ほどで審査は完了するようですがほとんどの場合は審査時間は2時間から3時間ほどかかるので少し時間には余裕を見ておいた方が良さそうです。

審査が完了すると七福神ファクタリングからメールか電話で連絡があります。

七福神ファクタリングは在籍確認はなし

七福神ファクタリングの特徴として在籍確認なしである事が言えます。
他の給料ファクタリング会社は在籍確認のあるなしは担当者によってまちまちですが七福神ファクタリングの場合は在籍確認はありません。

在籍確認がないことは、七福神ファクタリングのQ&Aページにも明記されています。

お金が入金される

無事に審査が通ると契約した文のお金が入金されることになります。

  • カ)ゼルタ

というところから入金がありますので確認するようにしましょう。
七福神の場合は審査が通れば即日入金してもらえます。

給料日に契約した分のお金を振り込む

給料日が来たら約束通りに契約した金額を入金しましょう。
無事に入金が完了するとこれで契約が完了することになります。

七福神ファクタリングの審査の対象は

七福神ファクタリングはどんな人が審査の対象になるのかについて解説をしていきます。

専業主婦でも七福神で給料ファクタリングは可能か?

専業主婦の場合はご主人に収入があれば利用可能な場合があります。
七福神の公式サイトでは「ご主人がお仕事をされていれば奥様がご利用可能な場合があります。」と明記されています。

パートやアルバイトでも七福神で給料ファクタリングは可能?

七福神の場合は働き方にかかわらず正社員や派遣などにかかわらず給料ファクタリングが利用可能です。
パートやアルバイトの場合も身分証明書いや給料明細書などの提出で給料ファクタリングできる場合があります。

七福神ファクタリング、2回目以降の審査はどうなる?

七福神ファクタリングは2回目以降の審査はどのようになっていくのか、ということについて解説していきます。

2回目、再契約の場合は再契約用のフォームより申し込み可能

2回目の再契約の場合は七福神ファクタリングの公式ホームページの再契約ご希望の方はこちらというボタンより申し込みすることができます。
ホームの入力が面倒な場合は担当者に電話をかけることでも再契約を行うことができます。

七福神のQ&A内でもこのことは明記されています。

2回目のファクタリングは清算日当日からも利用可能

2回目と言うと1回目の利用からは少し時間を空けなければいけないのではないかと思う方も多いと思います。

しかし実際に七福神を利用した人のファクタリングによると2回目の利用は清算日当日からも可能なようです。
2回目の利用も検討している方は清算日当日に契約した分の料金を振り込み、完了したあとに相談をすれば特に問題なくそのまま2回目の利用も可能になります。


このことは七福神のQ&Aページにも明記されています。

給料日にすべて清算してしまうとお金が無くなってしまう…と心配な方はそのまま2回目の利用に入ることもできます。

この場合は手数料のみでまた1ヶ月、給料ファクタリングできることになります。

注意点としては、給料ファクタリングはあくまで債権の売買になるので、手数料分だけを支払い、次月に残りは持ち込むといったことはできません。
必ず給料日には都度都度、清算する必要があります。

2回目以降は手数料が下がることも

また七福神を利用した人の口コミによると七福神は2回目再契約以降は手数料が少し下がる場合もあるようです。
また1回目の時と比べて審査の内容も簡略化されます。
手数料が下がるので一つの給料ファクタリング会社と長くお付き合いをした方が最終的にお得になることもあるようです。

2回目の契約で断られた場合は・・・

七福神で再契約を断られてしまう可能性としては、入金日(給料日)入金が遅れてしまうとマイナス印象となり2回目以降を契約してもらえないケースもあります。
七福神ファクタリングで2回目以降も契約したいという場合は給料日にはしっかりと契約した分のお金を入金するようにしましょう。
入金した上で即日また再契約するということは可能なようです。

七福神ファクタリングの審査落ちについてまとめ

それではこの記事について簡単にまとめていきます。
まず七福神ファクタリングの審査基準についてですが、給料ファクタリングの場合は個人の信用というよりは会社の信用で審査が進められることが多いです。

会社の信用以外では申し込みの段階で入力内容に不備があったりするとマイナス印象になることはあるので気を付ける必要はあります。
また給料債権以外のものについては買取してもらえない場合もあるので気をつけてください。

七福神ファクタリング審査の流れとしてはまず申し込みをすると七福神ファクタリングより折り返しがあります。

必要書類(身分証、保険証、給料明細書)を添付する必要があるので指示に従い、送る必要があります。
審査時間としては概ね2時間から3時間くらいは見た方が良いでしょう。

七福神ファクタリングは前回の取引内容に特に問題がなければ2回目以降も取引は可能です。
2回目以降は手数料が上がるケースもあるようです。
2回目以降の場合は電話で簡単に再契約を行うことができます。