個人向け給料ファクタリングって何?個人でも給料を前借する方法

最近はファクタリングも個人向けの給料ファクタリングが出てきています。
個人向け給料ファクタリング業者の選び方や、個人向けファクタリングを利用する際のメリットデメリットなどについてこの記事ではご紹介していきます。

個人向け給料ファクタリングとは?

ファクタリングとはもともとは債権を現金化するために企業間で行われていた債権の売買行為になります。
お金が必要、現金が必要という時はファクタリングを行うことで現金を手にすることができます。
これが個人向けでも行われるようになったのが個人向け給料ファクタリングです。

ファクタリングとは、債権を現金化すること

ファクタリング、というと何やら難しいことをしているように感じられるかもしれません。
ファクタリングとは簡単に言うと、債権を売却し、現金化することです。
債権にはいろいろな種類がありますが、その中でも個人の方(主にサラリーマン)が毎月会社からもらっている給料、これも債権として買取をしている会社が出てきました。
これにより、債権を買い取ってもらうことで実質的には給料の前借ができるようになりました。
これが最近では個人向け給料ファクタリングと呼ばれています。

ファクタリングはお金を借りることにならないので信用情報に傷がつかない

ファクタリングを行う最大のメリットはファクタリングはなく債権の売買にあたるのでお金を借りることにはなりません。
お金を借りることにはならないのでファクタリングを利用しても信用情報には傷がつかないというメリットがあります。

信用情報がブラックの方でもファクタリングは利用できる

ファクタリングはお金を借りる行為とは異なるので個人の信用情報に関係なく現金を手にすることができます。
ファクタリングの際に審査の対象になるのは勤め先の信用情報になります。
勤め先に給料を支払う能力があればファクタリングは問題なく利用することができます。

個人向け給料ファクタリングの流れ

個人向け給料ファクタリングの流れについて簡単に説明します。

給料ファクタリング会社へ申し込み

最近では個人向けの給料ファクタリングをする会社も増えてきました。
当サイトが確認しているだけでも二十社以上あります。
給料ファクタリングを希望する場合まずは給料ファクタリング会社へ申し込みを行います。

給料ファクタリング会社からの審査を受ける

申し込みが完了すると給料ファクタリング会社から折り返しがあります。
ファクタリングの条件は会社から一定の給料を毎月受け取っていることが条件となります。
会社から給料を受け取っていることを確認できる書類、具体的には3ヶ月分の給料明細を提出することになります。

給料債権を現金化

審査を受けて特に問題がないとなれば給料債権を現金化することができます。
ファクタリング会社から手数料を引いた金額が振り込まれます。

給料が振り込まれたらファクタリング会社へ清算

給料日が来たらファクタリング会社へ清算をすることになります。
会社から給料が振り込まれたら契約金額に応じた金額をファクタリング会社へ入金し生産完了となります。

給料ファクタリングのメリットデメリット

ここでは給料ファクタリングのメリットデメリットについても簡単にご説明します。
まずメリットとしては

  • 給料日を待たずして現金を手に入れることができる
  • 個人信用情報への影響はない
  • 金融ブラックでも現金が手に入る

という点が挙げられます。
逆にデメリットとしては

  • 手数料がかかる(8%~25%ほど)

となります。

メリット①給料日を待たずして現金を手に入れることができる

個人向け給料ファクタリングは債権を買い取ってもらうことで給料日を待たずして現金を得ることができます。
急な結婚式や何らかの理由で現金が足りなくなってしまったという場合にすぐに現金が手に入ります。

メリット②個人信用情報への影響はない

個人向け給料ファクタリングはあくまで売買になるのでお金を借りることには当たりません。
個人の信用情報にも記載されることがないので個人信用情報への影響を心配することなく現金を手にすることができます。

メリット③金融ブラックでも現金が手に入る

また同じように個人信用情報と関係のない取引になるので金融ブラックの方であっても給料日を待たずして現金を手に入れることができます。
クレジットカード枠を使い切ってしまってこれ以上お金が使えないという時でも給料債権を売却することで現金を手にすることができます。

デメリット①給料ファクタリングは手数料がかかる

給料ファクタリングにはデメリットももちろんあります。
最も大きなデメリットは給料ファクタリングには手数料がかかるということです。
ほとんどの給料ファクタリング会社では8%から25%を手数料として設定しています。
つまり現金を早めに手に入れられる代わりに給料日には8%から25%の手数料を支払うことになるということは覚えておくようにしましょう。

給料ファクタリングに審査落ちってある?審査落ちする原因

失敗しない個人向け給料ファクタリング業者の選び方

個人向けの給料ファクタリングで失敗しないためにいくつかの点についてご紹介しておきます。
下記の点を押さえて失敗のない個人向け給与ファクタリング会社を選ぶようにしてください。

申し込みの際に手数料を確認する

個人向け給料ファクタリングで失敗しないためには申し込みの際に手数料を確認するようにしてください。
給料ファクタリング会社にもよりますがおおよそ手数料は8%から25%以内であれば良心的と言えます。
ただしほとんどの給料ファクタリング会社は「申し込み内容によって手数料を決定」としています。
手数料も30%を超えてくると負担が大きくなってきます。
なるべくは手数料の低い給料ファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

5chなどで口コミの確認

また5chなどで口コミを確認することも大切です。
ホームページでは綺麗に作っていても実は悪徳な営業をしている給料ファクタリング会社も見受けられます。
そういった給料ファクタリング会社と間違って取引をしてしまわないためにもあらかじめ口コミを確認するようにしておいてください。

住所などファクタリング会社の信用性を念のため確認

給料ファクタリング会社を選ぶ時はなるべく住所などをしっかりと記載している給料ファクタリング会社へ申し込みをするようにしましょう。
ほとんどの給料ファクタリング会社ではホームページ上では現住所を提示していますが中には現住所を記載していないファクタリング会社もあります。
法令遵守をしている給料ファクタリングと取引をするためにもホームページに住所が記載されているかどうかは申し込みの前にしっかりと確認するようにしておきましょう。

手数料が高い場合は他のファクタリング会社も検討する

先ほど手数料のことについては少し触れましたが給料ファクタリング債権の売買となるので何社に申し込みをしても信用情報に傷がつくことはありません。
よって手数料が低い会社であればそちらに申し込みをした方が間違いなくお得です。
いくつかのファクタリング会社に申し込みをしてみて思ったよりも手数料が高いということであればまたいくつかのファクタリング会社へ申し込みをしてみて手数料を見比べてみることも大切です。

おすすめできる個人給料ファクタリング会社

最後に個人向け給料ファクタリング会社でもおすすめの会社をご紹介させて頂きます。

業者名個人対応の有無
七福神
千羽鶴
JIMマーケティング
WalletLink

個人向け給料ファクタリング会社についてのまとめ

それでは簡単にこのエントリーのまとめに入ります。
まず、ファクタリングとは債権を売買するために以前より企業間ではよく行われていた行為になります。

それが最近では個人向けにも給料ファクタリングをする会社が出てきました。
これにより実質的な給料の前借りが可能になりました。

個人向け給料ファクタリングのメリットとしては

  • 給料日を待たずして現金を手に入れることができる
  • 個人信用情報への影響を心配する必要はない
  • 金融ブラックでも必要な時に現金を手にすることができる

というメリットがあります。
逆にデメリットとしては
会社により手数料がかかる
ということが挙げられます。

おすすめの個人向け給料ファクタリング会社としては

  • 七福神
  • 千羽鶴
  • JIMマーケティング
  • WalletLink

などが有名であり取引実績もあるので安心して利用できます。