給料ファクタリングに審査落ちってある?審査落ちする原因

給料ファクタリングしようと思ったら審査落ちしてしまった!?
給料ファクタリング審査落ちすることはあるの?給料ファクタリングに審査落ちしてしまった理由は?
このエントリーでは給料ファクタリングに審査落ちしてしまう理由についていくつか説明しています。

給料ファクタリングで審査に落ちた?給料ファクタリングで見られる信用とは?

給料ファクタリングの場合、審査に最も影響を与えるのは勤務先の信用になります。
勤務先に安定した売上があるかどうか?経営状況に問題がないか?ということについて給料ファクタリングの際にはチェックされるようです。

給料ファクタリングで見られるのは勤務先の信用

給料ファクタリングの場合見られるのは個人の信用というよりは勤め先の信用になります。
会社が給料を支払う能力がない状態と給料ファクタリング会社に判断されてしまうと審査落ちしてしまう可能性が出てきます。
逆に言えば支払い能力のあるごくごく一般的な会社に勤めている便利は審査条件としては問題ないことが多いようです。

本当に働いているかの証明ができないと審査落ちの理由になることも

ただし本当に働いているという証明は必要になります。
これは具体的にはどういったことかと言うと

  • 本人確認書類
  • 健康保険証
  • 過去3ヶ月分の給料明細

などといった書類の提出が必要になります。
ファクタリング会社によっては

  • 社員証

などの提出を求めてくるところもあるのであらかじめ準備しておくようにしてください。

給料ファクタリングで審査落ちした時に考えられること

ここでは給料ファクタリングで審査落ちした時に考えられる原因について書いていきます。
考えられる理由としては下記の通りになります。

  • 申し込みフォームに間違いや不備があった
  • すでに売却済みの債権を売ろうとした(重複譲渡)
  • 給料以上の現金を手にしようとすると審査落ちの可能性あり
  • 個人事業主の場合は給料ファクタリングを利用できない場合もある

申し込みフォームに間違いや不備があった

まず申し込みの際に会社名や住まいの住所などに間違いがないことを確認してください。
ここで間違いがあると給料ファクタリング会社も不安になってしまい審査に通らない可能性が出てきます。
フォームから申し込みをする前には間違いがないか今一度確認をするようにしてください。

すでに売却済みの債権を売ろうとした(重複譲渡)

意外と多いトラブルとしては既に売却済みの債権を売ろうとしてしまったということがあります。
簡単に言うと、2社以上の給料ファクタリング会社で給料以上のファクタリングをしてしまっているケースがこれにあたります。

これは重複譲渡といい、一つの債権を二つの会社に売ってしまったというような状況になります。

給料ファクタリングはお金を借りるのとは違い複数の会社に売れるものではないので注意しましょう。

※ただし給料の範囲内であれば複数者に売ることも可能です。
例)
20万円の給料をもらっている人の場合、
A社で10万円ファクタリング
B社で5万円ファクタリング
ということは可能です。

A社で20万円、B社でも20万円をファクタリングした場合は重複譲渡になるので気をつけてください。

重複譲渡をしてしまった場合は本来存在しないものを売却したということになってしまい最悪の場合詐欺罪が適用されてしまうこともあるので十分注意してください。

給料以上の現金を手にしようとすると審査落ちの可能性あり

同じ理由で給料以上の金額をファクタリング希望された場合は審査落ちしてしまう可能性があります。
給料ファクタリングの場合はあくまで基本給を限度としてファクタリングするものになります。
給料以上の債権をファクタリングしようとする場合それはできませんので断られてしまう(審査落ちしてしまう)可能性はあります。
給料ファクタリングする場合はあくまで給料額を限度額として申し込みをするようにしましょう。

個人事業主の場合は給料ファクタリングを利用できない場合もある

給料ファクタリングは主に会社勤めしている人が対象になります。

会社勤めしている人の勤め先の信用を見て債権買取(給料ファクタリング)の対象となるかを判断されるイメージです。

したがって、個人事業主の場合は少し対応が変わる可能性があるので注意しましょう。
個人事業主の方でも給料ファクタリングをされたいという場合は個人事業主対応の給料ファクタリング業者を選ぶことになります。

【解決策】審査落ちしたら審査の甘いファクタリング会社を利用する

万が一m給料ファクタリングで審査落ちしてしまった場合は他の審査の甘い給料ファクタリング会社に申し込みをしてみましょう。
給料ファクタリングお金を借りる行為ではありませんのでたくさんの給料ファクタリング会社に申し込みをしたとしても信用情報に傷がつくことはありません。
給料ファクタリング会社はたくさんあります。
審査の甘いファクタリング会社の特徴としては

  • 手数料がやや高めである
  • 提出書類は最低限でもOK
  • 個人事業主でも利用できる

といった特徴があります。

手数料がやや高めのファクタリング会社

手数料は利用者の申込状況により要相談としているファクタリング会社は多いです。
この中でも審査の甘いファクタリング会社は手数料を高めに設定していることが多いようです。
他のファクタリング会社では審査落ちしてしまった、どうしても今月中に現金が必要という場合はあえて手数料がやや高めのファクタリング会社にも相談してみるのも方法です。
いくつか申し込みをしてみて審査の通るところで最も手数料の安いファクタリング会社にファクタリングを依頼するというのも良いといえます。

最低限の書類でもファクタリングしてくれる

給料ファクタリングに必要な最低限の書類は

  1. 身分証
  2. 健康保険証
  3. 直近三ヶ月分の給料明細書

になります。
審査の厳しいファクタリング会社の場合はこれに加えて社員証の提出を求めてくるところもありますが、審査の緩い給料ファクタリング会社の場合は上記3点のみでもファクタリングを引き受けてくれるところもあります。

審査落ちしてしまって困ったという場合は上記のように少ない提出書類でもファクタリングしてくれる会社を選ぶというのも一つの方法になります。

個人事業主でも受け付けてくれる

また個人事業主でも引き受けてくれる給料ファクタリング会社は審査が緩いと言うことができます。
個人事業主の場合は会社員と比べると給料が不安定になることもありますがそれでも引き受けてくれるということは審査がゆるい証拠になります。
他で審査落ちしてしまって困ったという場合は個人事業主でも引き受けてくれるような給料ファクタリング会社を探して申し込みをしてみるというのも良いでしょう。

給料ファクタリングで審査落ちしてしまった時のまとめ

給料ファクタリング審査落ちの記事のまとめに入ります。
まず給料ファクタリングの際は見られるのは申込者の信用ではなく申込者が勤めている会社の信用になります。

申込者が勤めている会社が今にも倒産しそうだという状況の場合はこの勤め先は給料の支払い能力が低いかもしれないということでファクタリングを断られてしまう可能性もあります。

しかしそうでなければほとんどの場合は問題がないことが多いです。

申し込みの際に間違えた情報を記載してしまうとそれの理由に審査落ちになってしまう可能性もあるのでこれは気をつけてください。

どうしてもいくつかのファクタリング会社で審査落ちしてしまった場合は審査基準のゆるそうな給料ファクタリング会社を探して申し込みをしてみるのも良いです。

給料のファクタリングはお金を借りることとは違うので沢山の会社に申し込みをしても特に信用情報に傷がつくということはありません。(ただし重複譲渡には気をつけてください。)

給料ファクタリング会社は今のところ当サイトが確認しているだけでも20社以上あります。
たとえいくつか審査落ちしてしまったとしても他の会社に申し込みをすることで審査に通る可能性はありますので諦めずにチャレンジしてみるのをおすすめしたいです。